Google Search

Google

WWW検索 ブログ内検索

FLASH Calendar
Weather
ブログパーツ『天気予報』:http://flash-scope.com/
CANON / 40D
F3.5(W)-F6.3(T)/18(W)-200(T)mm (SIGMA)
CANON / 40D
F2.8(W)(T)/28(W)-75(T)mm (TAMRON)
CANON / 40D
F1.8 / 50mm (CANON)
CANON / Power Shot S90
F2.0(W)-F4.9(T) 28(W)-105(T)mm
</a></center>
</div>
				<div  style=
SONY / Cyber Shot WX1
F2.4(W)-F5.9(T) 24(W)-120(T)mm
</a></center>
</div>
				<div  style=
Photo Gallery (GANREF)
Tokyo Spot (フォト蔵)
YouTube My Movie
Category & RSS
最新記事
Page Movement
Feed Me!
discoverのRSSフィード
Maxim
Today Ranking top 3

ブログパーツ.net
World-Word-翻訳
Search this blog
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
アメ横



アメ横は、東京都台東区のJR御徒町駅~上野駅間の山手線の高架西側に沿って
約400店舗あり、約400mほどの商店街である。


名称の由来としてはの三つの説があります。
1.第二次大戦後、旧満州からの引揚者等が米軍の払い下げ物資を
 安く売りたたく店が沢山集まったことからの「アメヤ」の名。
2.飴を販売する店が多数出店したことからの「飴屋」。
3.米兵が小遣い稼ぎに物資を持ち込んで店を開き、アメリカの製品が大量に
 出回ったことからの「アメリカ+屋(店)」


正式にはアメヤ横丁。そんなアメ横は第二次世界大戦後、
国に許可をもらわない闇市であった。また、魚介類などの生鮮食品を中心に扱う
店舗が集まっている場としては他に築地市場がありますが、築地が値段より商品の質で
勝負しているのに対し、アメ横はあくまでも価格勝負である。
店員との交渉によっては安く買えることがあるのがアメ横の特徴、そして醍醐味である。


アメ横といったら私的には中田商店。主に軍装品、革製品など扱うミリタリーショップ。
大日本帝国陸軍、大日本帝国海軍の軍服などの軍装品の他アメリカ軍、
ヨーロッパ諸国、中国などの各種ミリタリーグッズの複製、実物の現用品、
デッドストックなどを主に扱う。革ジャンなどの革製品やスカジャンなども扱っています。


アメ横を熟知したいならアメ横MAPが便利。かなり正確な地図と店舗名が記載されてます。


アメ横の様子


MAPはこちら

関連記事


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
ぶらりと… | 【2007-05-30(Wed) 00:40:44】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。